喜ばれるお祝いギフトをあげたい

花束をもらったら

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
お祝いギフトとして、花束をもらうことも多いと思います。
花束をもらったら、どのようにすれば長持ちさせることができるのでしょうか。
宅配で届いたときには、まず外装に変化がないかを確認しましょう。
ときどき箱が破損していることもあります。
その場合、なかの花が枝折れしている可能性もあります。
花束もアレンジメントも、茎に損傷があっても束ねてあるので、見た目にはわかりません。
箱が壊れているときには、まず宅配業者に確認してもらいましょう。
配達から時間がたってしまうと、損傷があっても、いいにくくなります。
パーティなどで頂いたときには、まず、花を立てた状態で持ち歩きます。
2次会などに花束とともに移動するときも同様です。
横に寝かせると、花が折れたり茎に傷ができたりします。
家にもどったらラッピング紙を外します。
花束にはとてもきれいなラッピングやリボンが施されているので、外すのをためらう人もいますが、付けたままでは花は呼吸できません。
まずは包装を取り除いて、たっぷりの水につけることが大切です。
茎がしっかり水分をすいあげるように新鮮な水を用意しましょう。
たっぷりの水につけたあとに、花瓶に移します。
花瓶の水は多くする必要はありません。
切り口がかぶる程度でも構わないので、できれば、毎日取り替えるようにします。
少量でも常に新鮮な水を入れることが大切です。
水が汚れるとバクテリアが発生するので、茎は水を吸い上げることができなくなります。
数日飾って、花に勢いがなくなってきたと感じたら、水切りをしてみましょう。
水切りとは、水のなかで茎を切る方法です。
たっぷりの水をたらいなどに入れて、その中に茎を入れて、先を切り取ります。
汚れや異物で詰まっていた茎を切り落とすことによって、水揚げをしっかりさせる方法です。
水のなかは真空状態なので、切り口に新しい汚れが入ることを防ぐことができます。
花束には、いろいろな種類の花が入っています。
種類によって長持ちするものと早く枯れてしまうものがあります。
花束の中で枯れてしまう花があったら、こまめに引き抜くようにしましょう。
枯れた花を残しておくと、茎も枯れるので、水が汚れ、まだ咲き誇る花にも悪影響をもたらします。
水切りをしてはなの長さが異なってしまったり、花束としての形が変わってしまったときには、束を解いて、生け治してみましょう。
花が下を向くなど元気のなくなった花は茎を短めにして、平たいお皿などに水を入れて浮かべてみると、長く楽しむことができます。