喜ばれるお祝いギフトをあげたい

花束とアレンジメントの違い

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
花をお祝いギフトとして贈るときに悩むのは、花束にするのかアレンジメントにするのかということです。
花束には花そのものの美しさが、アレンジメントフラワーにはセンスのよさがあり、どちらを贈ろうか迷う人は多いと思います。
花束とアレンジメント、どちらにしようか悩んだときには、贈られる人の身になって考えてみましょう。
花束は、もらった人が花瓶などを用意しなければなりません。
お祝い事などで多くの花束が集まるときには、置くだけですむアレンジメントが喜ばれることもあります。
しかし、花の寿命を考えると、茎を長く保っている花束も方が長く花を咲かせることができます。
毎日新鮮な水を取り替えることができますし、水あげもしっかり行えば、数週間、花を楽しむことも可能です。
アレンジメントフラワーは、茎を短くして密集させているために、水を吸収させることが難しく、花束よりも短期間しか楽しむことができません。
知人や友人など個人に贈るときには花束を企業などに贈るときには、アレンジメントを選ぶという方法もあります。
フラワーアレンジメントは、花瓶を置けない場所に適しています。
開店祝いや入院のお見舞いにもよいでしょう。
入院中は花瓶の数も限られているので、病室に置くだけで花を楽しめるアレンジメントは喜ばれます。
企業や店舗に贈るお祝いギフトも花束よりもアレンジメントや鉢植えが喜ばれます。
個人に贈るときには、そのシーンを思い浮かべましょう。
アレンジメントフラワーはボックスなどに入っていることが多く、持ち帰るときには箱を抱えることになります。
絵になるのは、花束を腕いっぱいに抱えている姿です。
華やかなお祝い事に使うときには、大きめの花束のほうがより豪華な印象を与えます。
現在、生花店などで作っている花束では、ゼリーを使って茎に水分を補給しています。
持ち歩いても、服や体が水に濡れることはありません。
生花店などで、持ち歩きの時間を告げれば、かたちの崩れにくい花束を作ってくれると思います。
技術力のある生花店でお願いすると、持ち歩く時には、何処から見ても美しく、花瓶に生けるときにはそのままの形で美しさが保てる花束を作ってくれます。
パーティなどで渡すお祝いギフトは花束のほうが華やかで絵になりますね。
渡すシーンだけでなく、その後の移動方法や、自宅に持ち帰ってからなども考えて、花束にするのかアレンジメントにするのかを考えると、判断がしやすくなります。

関連サイト情報