喜ばれるお祝いギフトをあげたい

季節の花

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
花には季節があります。
お祝いギフトとして花束を贈る時には、季節感のある花を選んでみてはどうでしょうか。
春であれば、チューリップ、スイートピー、フリージアなどの花束が人気です。
ピンクやイエローなど淡い色が多い春の花は、アレンジメントを作っても愛らしく季節感のあるものが出来上がります。
チューリップの花言葉は、博愛です。
どんな人にも愛される春の花の定番です。
スイートピーは思い出、私を覚えていて、という花言葉を持っています。
卒業や就職などで人生の節目が訪れる春にふさわしい花です。
フリージアの花言葉は純愛です。
愛らしい花に似合う可憐な花言葉を持っています。
他にも、カーネーションやバラ、ポピーなども花束に使われることの多い花です。
淡い色の多い春の花を使った花束は、色調を統一すると愛らしさが増します。
生花店などに注文する時には、中心となるカラーを決めてお願いすると素敵に出来上がります。
ピンク、イエロー、オレンジなどが春のお祝いギフトとしては定番の色です。
カスミソウも春の花です。
カスミソウを入れると豪華さも増します。
少し変わったお祝いの花束を希望するのであれば、菜の花やストックを使った花束もお勧めです。
夏の季節感を出すのであれば、なんといってもひまわりです。
花言葉は敬愛なので、尊敬する人に贈ることもできます。
他にケイトウやカラーも夏の花の定番です。
鮮やかな色を持つ夏の花束はもらうとパワーがでる色彩が特徴ですね。
秋の花束では、濃い色彩や枝ものを生かした落ち着いた色彩が多くなります。
愛らしい花束を作りたい時には、コスモスを多めにつかって作ってもらいましょう。
コスモスは乙女や調和を花言葉に持っています。
冬の花束は、クリスマスシーズンやお正月と重なるために、豪華で華やかなものが多い印象です。
個人的にお祝いギフトとして花を贈るときには、少し季節を先取りして、春の花を取り入れると愛らしくなります。
春の花であるストックは、11月ぐらいから店頭に出ています。
フリージアなどと組み合わせると、季節感を先取りした華やかな花束を作ることができます。
生花店には世界中から切花が輸入されてきているので、どの季節の花も一年中見ることができます。
しかし、季節感のある花束は贈られる人にとっても、嬉しいものです。
春の訪れを告げるチューリップは1月ごろから、夏の定番、ひまわりは6月ごろから出回ります。
これから来る季節のか折を感じることができます。

関連サイト情報