喜ばれるお祝いギフトをあげたい

バラの花束

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
お祝いギフトの定番である花束の中心的な役割をもっているのが、バラです。
バラの花言葉は、愛や幸福です。
葉は、希望や頑張りを意味しています。
花言葉は色によっても異なっています。
赤のバラは、情熱的で熱烈な愛情を意味していています。
赤いバラは、愛する人や尊敬する人に贈るときに最適です。
ピンクのバラは、上品さの象徴です。
優しい心、温かな愛情、美しい少女などを示唆しています。
出産祝いや発表会のお祝いなどに向いているでしょう。
オレンジのバラは、健やかさを花言葉にもちます。
無邪気、信頼などの花言葉を持つオレンジのバラは、信頼する相手に贈るときに最適です。
黄色いバラは友情や明るい恋心を花言葉としてもっています。
黄色いバラの花言葉のなかには、嫉妬というあまり喜ばれないキーワードもあります。
お祝いギフトとして贈る時に、黄色いバラを躊躇する人もいますが、あまり気にしない方がよいでしょう。
黄色いバラには、よい意味の花言葉も多くあり、この場合の嫉妬は、嫉妬するほどに才能を感じている、というネガティブではない意味合いのようです。
白のバラは、尊敬や純潔などを花言葉に持っています。
青いバラの花言葉は、夢、かなう、です。
これまで、青いバラを作り出すことは不可能だとされてきました。
そのため、青いバラの花言葉は、これまでは不可能だったので素が、実際に販売されるようになり、花言葉が変わっています。
どの色もギフトに最適は花言葉を持っているので、贈る人のイメージにあった色を選ぶようにしましょう。
さまざまな色を組み合わせた誕生日や還暦にお祝いギフトとして贈るときには、年齢の数だけ贈るやり方もあります。
還暦のお祝いでは、60本の赤いバラを贈ることを提案している生花店もあります。
よいバラとは、花が上を向いていて、茎が太いものをいいます。
茎が太いと水あげがしっかりとできるので、切花でも2週間程度は花を楽しむことができます。
価格の安い花は、茎が細いものが多いのが特徴です。
展覧会か開店祝いなど数日を楽しむお祝い事であれば、こうした安価なバラを大量に贈るのもよいでしょう。
個人的なお祝いであれば、自宅で長く楽しめるように、しっかりとしたバラを贈ると喜ばれます。
特殊加工したプリザーブフラワーをお祝いギフトとして贈れば、長い期間、美しい姿を保ったバラを楽しむことができます。
生花と変わらない価格のプリザーブフラワーも出ているので、自宅で長く楽しみたい人には、加工したアレンジメントを贈るのもよいでしょう。