喜ばれるお祝いギフトをあげたい

観葉植物をギフトに

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
会社や店舗の開店祝いや開業祝い、新築祝いには、観葉植物をギフトに選ぶ風習があります。
観葉植物をお祝いギフトとしてプレゼントするときには、事前に贈り主に確認するようにしましょう。
店舗によっては植物が育てられなかったり、新築の家でもインテリアやライフスタイルを考えて植物を置かずに生活したい人もいます。
観葉植物は購入したときよりも、大きく育つ生物です。
最初は小さくても大きく育つ木もあるので、大きさや幅にも注意が必要です。
観葉植物には、それぞれに成長に特徴があります。
縦に大きく育つものもあれば、枝を茂らせて横に成長するものもあります。
寒さや熱さへの適応能力も異なるので、相手の好みも考慮して選ぶことが大切です。
観葉植物には、室内の湿度を一定に保つ働きがあります。
気密性の高いマンションなどでは、冬になると室内が乾燥して、肌トラブルやウイルス性の病気にかかる危険性が高くなります。
加湿器を使うと結露を取るなどの手間も必要です。
観葉植物は、乾燥が進むと水分を表皮から放出してくれるので、室内にあると見た目が癒やさせるだけでなく、体にも優しい作用があります。
少し凝った陶器を使用したり、リボンなどをつけると、プレゼントとして見栄えもよくなります。
縁起のよい名前からギフトとして人気が高いのが、幸福の木です。
縦に育つため、限られたスペースで育てることが出来ます。
寒さを嫌う木なので、冬場の販売はありません。
春から初冬までがプレゼントで贈れる時期です。
室温の一定したオフィスや日当たりのよいリビングなどが生育に適しています。
風水などで人気なのは、日本名で発財樹と名づけられているパキラです。
細長い形をしているので、スペースをとらずに育てることが出来ます。
まっすぐ伸びた幹の先端に密集して葉が生えてきます。
あまり大きくせずに育てるコツは、先端の芽を剪定することです。
もともと南の植物なので寒さに弱いのが特徴です。
冬の寒いときには日当たりのよい場所に移すなどの配慮が必要です。
青年の樹と呼ばれるユッカもギフトに人気の観葉植物です。
育てやすく、新芽を次々と出して成長することから、青年の樹と名づけられています。
冬の寒さを嫌いますが、強い樹木なので、育てやすい木です。
これらの観葉植物は、新築祝いや開業祝いだけでなく、お誕生祝いにも喜ばれます。
しかし、花束とは異なり、贈られた側が観葉植物に興味を持っているのか事前に確認することが大切です。

関連サイト情報

  • 祝電を贈るならネットで簡単なこちらから