喜ばれるお祝いギフトをあげたい

プリザードフラワーをギフトに

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
新築祝いや開店祝いなどのお祝いギフトで人気が出ているのがプリザードフラワーです。
プリザードとは、美しい姿を長期間保存するために薬液につけて加工することです。
生花だけでなく、果物などにも使用することができます。
これまでのドライフラワーと大きく異なる点は、その見た目です。
プリザード加工された花は、生花と同じような瑞々しさを残していて、触ると柔らかいのが特徴です。
色も変色しません。
丁寧に保存すれば10年程度の長さで美しさを保つことができます。
薬液に色を混ぜれば、新しい色彩の花を作り出すことも可能です。
七色のバラや青のバラなど、自然界にない色の花々を作ることができます。
湿気を嫌うので、水をあげる必要はありません。
日本では2000年ごろから普及が始まりました。
今は街の生花店でもプリザーブフラワーを購入することが出来ます。
価格も生花と比べて驚くほど割高ということはなく、手ごろな金額になっているのも魅力です。
花粉が出ないので、アレルギーを心配する人、食料品や衣類などを扱う店舗にもギフトとして贈ることが出来ます。
現在、生花店などで見かけるプリザーブフラワーはバラが多く見受けられますが、他の花でも作ることができます。
結婚式のブーケなどにも利用されるプリザーブフラワーは自宅でも作ることが出来ます。
販売されているものに比べると、保存期間や精度が劣ることもありますが、手作りにしかない魅力や暖かさもあります自宅の花などを使ってプリザーブすれば、世界にたった一つのプレゼントが出来上がります。
現在は、生花店やネットで販売されているプリザーブフラワーやアレンジメントの価格が下がっていることもあり、手作りのほうが割高になります。
また、仕上がりも既製品のほうが綺麗です。
手作りするときは、まず、そのことを念頭に置く必要があります。
綺麗に仕上げるには費用も熟練の技も必要です。
プリザーブに使用する溶液は手作りすることも出来ますが、市販品が販売されています。
基本に使う溶液や色素がセットになったお得なものもあるので、チェックしてみましょう。
ネット販売もされています。
作り方は、まず、新鮮で傷のない花を用意します。
特殊な液体を使って、花から水分や樹液を抜き取ります。
その後、薬剤に浸して、水分を吸わせると出来上がりです。
薬剤を吸わせる過程で、元の花とは異なる色素を含ませることが出来ます。
最初は面倒もありますが、慣れてくれば難しいものではありません。
薬剤は体に影響のない無害なものが使用されています。

関連サイト情報

  • 葬儀(住吉区)会場をお探しの方、こちらがおススメ。葬儀プラン別の特典もあり。