喜ばれるお祝いギフトをあげたい

花束を贈るとき

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
お祝いギフトとして花束を贈るのは、誕生日や発表会などのお祝いごとが多いでしょう。
花束を贈る時には、事前に相手が好む花などの知識を持っておくと、注文しやすくなります。
また、淡い色が好みなのか、華やかなものが似合うのかなども考えて注文を出しましょう。
一般的に花束で人気があるのはバラですが、花言葉のよい花をメインで花束を作ることもあります。
メッセージカードに花言葉を書き添えるのもよいでしょう。
また、その時期の旬の花を使うと、勢いがあり季節感のある花束を作ることができます。
ぬいぐるみやアクセサリー、小物類なども一緒にプレゼントするときには、ボックスや鉢などを使ったフラワーアレンジメントも人気です。
フラワーアレンジメントは、花瓶などが必要ないので、そのまま飾れるメリットがあります。
ケーキのかたちをしたボックスや籠などさまざまな趣向があるので、注文するときに確認してみましょう。
持ち込みの籠などにアレンジメントをしてくれる生花店もあります。
組み合わせたいギフトがあるときには、それらの持込が可能かどうか確認してみましょう。
フラワーアレンジメントは、籠と土台になるスポンジがあれば、自分で行うことも可能です。
花束を贈る時には生花店で頼むのが一般的ですが、自分で作ることもできます。
自分で作るときには、花束よりもフラワーアレンジメントのほうが豪華で簡単に出来ます。
必要なのは、花を切るはさみと土台になるスポンジです。
まず、スポンジをどのように包むかを考えます。
リボンで包んでもよいですしセロファンなどでもきれいに出来ます。
籠や花瓶があれば、その中にスポンジを入れてリボンをかけると簡単にショップ風の外観が出来上がります。
花は出来上がりのかたちを考えて高さを決めます。
ボックスや箱などに入れるのであれば同じ高さに、籠などに入れるのであれば真ん中が高くなるように活けます。
花は密集していたほうが豪華さがでます。
バラやカーテンション、ガーベラなどは花弁が大きく見栄えのするフラワーアレンジメント向けの花です。
スイートピーやカスミソウなどで隙間を埋めるように活けると華やかさがでます。
自分なりのアレンジができるので、リボンなどを間に差してもよいでしょう。
花は茎がしっかりしていて、花びらが上を向いているものを使いましょう。
スポンジにさして活けるので、想像しているよりも長めに茎を切るのがコツです。
作ってみると案外簡単です。
はじめからギフト用ではなく、新鮮な花が手に入る手段があるときに、チャレンジしてみるといいと思います。

関連サイト情報