喜ばれるお祝いギフトをあげたい

お祝いギフトで花を贈ろう

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
お祝いギフトの定番といえば、花でしょう。
胡蝶蘭のような鉢植えから花束まで、さまざまなタイプがあります。
結婚や出産など節目のお祝いだけでなく、お悔やみにも花を贈る習慣が日本にはあります。
ギフトとして花束を贈るときには、そのシーンに合わせて、さまざまな約束事があります。
せっかくの心をこめた花束も選び方を間違えると、誠意が伝わらない結果になってしまうこともあります。
どんなときにどのような花を選べばいいのか、知識を持つことが大切です。
普段は花屋さんにまかせっきりになってしまう花束や鉢植え選びですが、自分で知識を持って、より最適な花を選んでみましょう。
お祝いに贈るときの花束は、新鮮で長持ちするものを選ぶのが基本です。
茎がしっかりして枝葉の瑞々しいものを選びます。
花が上向いているものは新鮮です。
誕生日祝いなど、もらった人が自宅で飾る花束は、日持ちする新鮮なものを選ぶことが大切です。
開店祝いや個展のお祝いなど、店舗に飾るものは、豪華さを優先させることもあります。
また、インテリアとしても使える鉢植えが喜ばれることもあります。
開店や開業でお祝いギフトを用意するときには、さりげなく相手に望むものを聞いてみるのもよいでしょう。
開店や開業では、多くの資金が必要になります。
花束が重なるよりも、もっと実用的なものを欲していることもあります。
お祝いとして花を贈るときには、シーンによって選び方が変わってきます。
新築祝いには、記念となる観葉植物などを送るのが一般的ですが、インテリアや住宅事情によっては、観葉植物を好まないご家庭もあるようです。
事前に確認が必要です。
長期間枯れずに持つプリザーブドフラワーもお祝い事には重宝されています。
また、小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、風船を花に見立てたバルーンフラワーも人気です。
開店祝いや開業祝いには、観葉植物のほか、胡蝶蘭などの高級鉢植えやフラワースタンドがおススメです。
胡蝶蘭は日持ちするわりに手入れが楽なので、開店祝いには定番のギフトになっています。
フラワースタンドは、店の外などに置かれる大きな花束です。
スタンドに活けられた花は、通行する人は誰でも持ち帰ってよいことになっています。
華やかで人目をひくので、開店祝いによく贈られます。
しかし、店によってはスタンドを置くスペースがないこともあります。
また、スタンドの置くスペースが限られていると置ける数が限られていることもあります。
フラワースタンドを贈る時には、事前に相手に問い合わせて見ましょう。
花束で贈るときには、花粉などの注意も必要です。
匂いが強い花は場所によっては不向きなこともあります。

関連サイト情報