喜ばれるお祝いギフトをあげたい

お祝いギフトにマナーよりも気持ちが大事

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
お祝いギフトを贈るには、本来色々なマナーがあります。
贈る時期やお返しの時期、お金額の相場や贈ってはならないものなど、様々な決まりごとがあるのです。
しかし、最近ではそういった決まりごとが重要視されなくなり、ほとんどの場合、ある程度自由に贈ることが出来るので、おおまかなことだけ知っていれば問題ないでしょう。
お祝いごとの中で、そうしたマナーがあるのは主に結婚祝いと出産祝いです。
この2つのお祝い以外には、あまりマナーを必要としません。
まず結婚祝いの場合、お祝いギフトを贈るのであれば、結婚式の1週間前までにしましょう。
金額の相場としては、結婚式に招待されている場合は、友人・知人・会社の同僚などは2〜3万円、家族・親戚・会社の上司などは3〜5万円で、招待されていない場合は、その半分くらいで良いでしょう。
本来は、大安吉日に持参するのが正式ですが、今は全く気にしなくて大丈夫です。
日にちもいつでも良いですし、もちろん宅配でオッケーです。
また、刃物などの「切れる」物や、陶器などの「割れる」物は避けるのが常識でしたが、それも今は気にしなくて良いでしょう。
では次に、出産祝いについてです。
贈る時期はお宮参りの前後です。
金額の相場としては、孫であれば1〜3万円、親戚であれば5千〜1万円、友人・知人・会社関係であれば3千円〜1万円です。
本来は、お宮参りの祝い着などを贈るのが一般的でしたが、今は相手の希望に合わせたり、育児グッズなどの日用品が主流でしょう。
また、こうしたお祝いギフトをいただいたら、お返しに内祝いを贈るのもマナーのひとつです。
どちらの場合も、金額の相場は、いただいた品の2分の1から3分の1です。
品物などには、特に決まりごとはないので、一般的に日用品が選ばれています。
また、今はカタログギフトも主流になりつつあります。
人生のうちに何回もあるわけではない、特別なお祝いですから、贈る場合も贈られる場合も、マナーを考えるよりは、相手のライフスタイルや好みを考えて選べば良いでしょう。
出来れば、欲しいものを直接聞いて贈るのが一番ですね。
お祝いギフトを贈る時に大切なのは、何より祝福の気持ちです。
相手の幸せを願って心をこめて選びましょう。
そして、祝福していただいた感謝の気持ちを、内祝いという形で、やはり心をこめて選んでください。
お祝いギフトというのは、人と人とのつながりを、より強い絆にする大切なものなのです。

関連サイト情報