喜ばれるお祝いギフトをあげたい

出産を喜んでいただいたお礼の出産内祝い

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
赤ちゃんの誕生を祝ってくださった方々には、感謝の気持ちを出産内祝いという形でお贈りしましょう。
本来内祝いとは、内輪の喜びごとのお福わけという意味ですから、出産を知らせた方々全員に贈るものでしたが、今では出産祝いをいただいた方へのお返しというものになっていますね。
ですからお祝いギフトをいただいていなくても、内祝いをお贈りして構いませんが、逆に気を遣わせてしまってはいけませんから、あまり高価なものは避けましょう。
お祝いギフトをいただいた場合であれば、いただいたものの金額の2分の1から3分の1程度のものが相場です。
贈る時期としては、お宮参りの時期が適しています。
だいたい出産1か月後ですね。
しかし、この時期は非常に慌ただしいものですから、少々遅れても問題はないでしょう。
ただ、せめて出産後2か月までには贈るようにしてください。
贈る際には、水引の下には赤ちゃんの名前を入れましょう。
誕生を祝ってくださった方々へ、赤ちゃんの名前をお披露目するためです。
カードや挨拶状をお付けすれば、尚気持ちがこもって良いと思います。
では、具体的に出産内祝いにふさわしい品とは何でしょう。
昔は角砂糖や鰹節などの縁起物が良いとされていたのですが、今は日用品が多く選ばれます。
特にタオルや石鹸、洗剤など、どれだけあっても困らないものが喜ばれるでしょう。
ただ、ライフスタイルによっては、もらって困る場合もありますので、贈る相手それぞれに配慮が出来ると良いですね。
そうした場合には、形に残らない食品などはいかがでしょうか。
普段自分では買わないような、ホテルのレトルト食品や缶詰、有名店の加工食品などはとても人気があります。
また、今流行りのスイーツなども大変喜ばれることでしょう。
これも、普段あまり買えないような有名店のものや、ちょっと贅沢なものなどなら間違いありません。
また、出産内祝いならではの品として、名入れのものがあります。
タオル・ハンカチなどの日用品や、ケーキ・カステラなどのスイーツなどにも名前や日付、イラストまで入れてもらえるお店もあるので、そうした楽しい商品を選んでみるのも良いですね。
このように、出産内祝いというのは、赤ちゃんの誕生を共に祝福してくださった方への感謝の気持ちを伝えるものです。
赤ちゃんの名前のお披露目とともに、これからもよろしくとの気持ちもこめて選んでください。
出産の喜びを分かち合っていただけることでしょう。

関連サイト情報