喜ばれるお祝いギフトをあげたい

のし紙に関する基本のマナー

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
結婚祝いや出産祝い、そして賀寿など、周囲の人たちに対してお祝いギフトを渡す機会というのは、実は意外と多いものです。
その度に品物を一生懸命考え、購入する段取りをして、そして相手に渡す。
この一連の流れ全てが、お祝いギフトだと言えるのかもしれません。
しかし、どれだけ心を込めて選んだ品物でも、相手を祝いたいという気持ちがあっても、正しいマナーを知らなくてはせっかくのお祝いギフトも台無しになってしまうでしょう。
特に、目上の人や年長者に対してギフトを渡す場合には、マナーには気を付けた方が良いかもしれません。
マナーを重んじる人も多いですので、失礼にあたることがないように、ギフトの贈り方に気を付けておく必要があります。
そこで、ここでは基本的なお祝いギフトを贈る際のマナーについて、紹介していきたいと思います。
まず、贈り物の基本として、のし紙のマナーを知っておいた方が良いでしょう。
一般的に贈答品として購入した商品は、箱などに入っていると思います。
包装紙で包まれているケースもあるでしょう。
そして、お祝いギフトとして贈る場合には、その上にかけ紙と呼ばれる紙をかけるのがマナーです。
昔は、お祝いギフトを贈る際には、別途のしと呼ばれる他の品物と一緒に渡していたのですが、現在はかけ紙に水引きとのしのイラストがプリントされたのし紙を使用するのが一般的となっています。
のし紙は水引きによって上下に分けられ、上部には「御祝」などと記載し、水引きより下の部分に送り主の名前をフルネームで記入します。
本来は筆書きで記入するものですが、最近では店舗に依頼するとプリンターを使用してのし紙に表書きや名前を印刷してもらえるケースも増えています。
水引きにはいくつか種類がありますので、こちらも覚えておいた方が安心です。
蝶結びのようになっているものがあり、こちらは何度でも結び直しができることから、何度あってもおめでたい御祝いに使用します。
例えば、出産や昇進といった御祝いは何度でも嬉しいものですので、蝶結びの水引きが適しています。
もう一つは結び切りと呼ばれる水引きで、こちらは結び目がほどけないという意味が込められています。
そのため、繰り返されないこと願う意味があり、結婚祝いやお見舞いなどに使用されます。
お祝い事に使用する結び切りは赤と黒を用いて描かれていますが、弔事に使用する場合には黒とうすいグレーによって描かれたものを使用します。