喜ばれるお祝いギフトをあげたい

長寿のお祝いの基本

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
日本には、色々なお祝いの行事があります。
とりわけ、ある年齢に達したことを祝うという習慣は、子どものころから大人になっても、非常にたくさんあります。
例えば、七五三もそうでしょう。
女の子は3歳と7歳、男の子は5歳になると、七五三の宮参りをして、お祝いをします。
そして、年齢を重ねて数え歳で61歳になったときに、長寿のお祝いである賀寿を迎えることとなります。
それでは、賀寿にはどういったものがあるのかを紹介しておきましょう。
まずは、数え歳の61歳に当たるのが、還暦です。
十干十二支は60年で一巡りする仕組みになっています。
そのため、61歳を迎えたとき、誕生した年の干支に戻ることから、還暦と呼ばれています。
そして、70歳は古希のお祝いをします。
昔は、現在ほど医療技術も進歩しておらず、人間の寿命は非常に短いものでした。
そのことを指して、「七十年も人が生きるということは、古の時代には稀なことだった」と中国の詩人が詩によんだことが、古稀の由来だと言われています。
そして、77歳では喜寿を迎えます。
喜という文字を草書体で表記した場合に、その見た目が七、十、七と読めることから、喜の字の祝などと呼ばれるケースもあります。
ここから先の賀寿も色々とあります。
まず80歳では傘寿、88歳で米寿、90歳では卒寿、99歳は白寿、そして100歳が百賀となります。
そして、100歳を越えると、そこから先は一つ年を重ねるごとに、百一賀、百二賀、百三賀と、毎年長寿のお祝いを行います。
長生きするということは、それだけでおめでたいことなのです。
こういった賀寿は、基本的には還暦からスタートしていましたが、現在では60歳を過ぎても社会で活躍している人はたくさんいるため、還暦のお祝いは省略するケースも増えてきました。
昔は人の寿命が短かったですから、61年でも長生きだったというわけです。
こういった賀寿のお祝いには、それぞれにふさわしいお祝いギフトの品物があります。
特に、他のお祝いギフトとは違い、それぞれの賀寿には象徴するカラーがあります。
例えば還暦のカラーは赤だと言われていますし、99歳の白寿なら白です。
こういったカラーも意識してお祝いギフトを選ぶと良いでしょう。
さらに、品物に関しても、昔からの言い伝えに沿って選ぶと、失敗がありません。
ただ、還暦の際には赤いちゃんちゃんこを着るという習慣がありますが、現在の61歳と言えばまだまだ働き盛りで若い人も多いですので、あまり老人扱いしてしまうと、機嫌を損ねてしまうかもしれません。

関連サイト情報