喜ばれるお祝いギフトをあげたい

基本のマナーを身につける

喜ばれるお祝いギフトをあげたい
いざ贈り物を誰かにしたいと思ったとき、その時点でマナーを調べているようでは、タイミングを逃してしまいます。
特にお祝いギフトの場合には、突然準備しなくてはならなくなるケースも多いことでしょう。
そんなときに、いつでも落ち着いて正しいマナーで贈り物が出来るように、基本のマナーはマスターしておきましょう。
まず、品物を贈る場合のマナーです。
お祝いギフトでは、自分よりも年上の相手に贈るケース、年下の相手に贈るケース、社会的な立場の上下など、色々な相手が想定されます。
出産祝いや結婚祝いなどで品物をお祝いギフトとする場合には、比較的歳の近い相手が多いかもしれませんが、金婚式のお祝いや長寿のお祝いギフトなどでは、相手は年上のケースもあります。
このように、お祝いギフトを贈る相手には年齢や立場の違いがあります。
そこで、お祝いギフトを選ぶ際のマナーとして、相手によってきちんと品物を選ぶことが大切です。
例えば、同じ年頃の相手に結婚祝いや出産祝いを贈る場合には、日常生活で役立つ商品を選んでもおかしくはありません。
しかし、こういった身近な品物は、社会的な立場が自分よりも上だと思われる相手や、年長者に対して贈ってしまうと、失礼にあたるケースもあります。
そういった相手の場合には、自分では購入しないような、少し高価な品物を選んだ方が良いでしょう。
金額が高くなるのを抑えたいのであれば、量や大きさを工夫して、少しでも上質な商品を選ぶようにします。
また、記念品になるような商品もおすすめです。
また、相手が現在どういった環境におかれているのかを考慮することも、マナーの一つです。
例えば、退職祝いのためにお祝いギフトを準備する場合、その相手が一人暮らしをしているのか、それとも家族と一緒に住んでいるのかによって、品物を変えることも必要になってくるでしょう。
複数のセットになっている食器は、大人数で暮らしている人や、来客が多い人なら喜ばれますが、一人暮らしの人がもらっても、邪魔になってしまうかもしれません。
それなら、色々な種類の食器が入った、一人で何通りも使える商品の方が、お祝いギフトとしてふさわしいと言えるでしょう。
また、お祝いギフトとして商品券を贈るケースも増えているようですが、相手によっては商品券では失礼にあたることもあります。
目上の相手にお祝いギフトを贈る場合には、心を込めて選んだ品物にした方が無難かもしれません。

関連サイト情報